[事例有り]LINE公式アカウントを使って集客を行う方法

LINEは日本国内で月間1億人以上の人が利用しており、どの年代の人にとっても身近なSNSとなっています。そんなLINEをビジネスに活用することに特化したサービスが「LINE公式アカウント」です。

アカウント開設費用や初期費用が無料であることからお客様とコミュニケーションを取るための一つのツールとしてこの「LINE公式アカウント」を導入している企業も増えています。

「LINE公式アカウント」を上手く活用することができれば、企業の集客や売り上げにもつなげることが出来ます。また、LINE公式アカウントは年々様々な機能が実装されてきており、それらを活用することで単なる企業の広告塔としての役割だけではなく、顧客にとって便利なサービスにする事が可能になります。

実際にどのように「LINE公式アカウント」を活用したら上記のような効果をあげることが可能になるのでしょうか。

この記事では、店舗や企業のホームページなどへの集客、製品やサービスのPRを目的とした、LINE公式アカウントの機能を活用方法を、様々な業界の事例を用いて紹介していきます。

 

LINE公式アカウントが集客やPRに効果的な理由

情報伝達能力で従来のツールに勝る

「LINE」は日本国内で8,800万人以上が利用しています。この数は他のSNSと比較しても圧倒的な数となっており、利用者の年代、性別などに偏りが少なく、全ての世代に満遍なくアプローチすることが可能です。また、利用者のほとんどが日常的に利用するツールであるため、従来のメルマガやDMよりも、メッセージに読んでもらいやすいことが大きな特徴です。

「国内SNSの月間アクティブユーザー数」

LINE 8,800万人
Twitter 4,500万人
Instagram 3,300万人
Facebook 2,600万人

引用元:https://gaiax-socialmedialab.jp/post-30833/

友達登録をしたLINE公式アカウントからメッセージが配信されるとポップアップなどで通知がされるため、メルマガよりも圧倒的に開封率が高くなります。また、メルマガのように自動で迷惑メールに振り分けられてしまったり、多数のボックスに埋もれてしまう心配もありません。

このように伝えたい情報を幅広い世代に確実に伝えることができるLINE公式アカウントは他のSNSやメルマガなどと比較して情報伝達能力の高いツールであることがわかります。

リピート率向上に効果的

LINE公式アカウントは友達登録をしてくださった方々に対してメッセージなどを通じて情報を提供するサービスです。企業アカウントの友達登録は商品購入などをきっかけにしてくださる方がほとんであるため、LINE公式アカウントでアプローチできる層は、すでに自社のサービスや商品を知っているもしくは利用したことのある方々になります。

また、LINE公式アカウントには、チャット機能だけでなく、ショップカードクーポンといった再来店・再購入を促す機能が備わっています。

LINE公式アカウントは特にリピーターの獲得に効果的なツールです。

顧客分析ができる

LINE公式アカウントでは、管理者画面の分析ページから下記に関する集客・PRに役立つ様々な数値を確認するできる機能があります。

  • メッセージ
  • チャット
  • 友だち
  • タイムライン
  • クーポン
  • ショップカード

上記のようにチャットに関しての数値だけでなく、友達追加をしてくれた方々の性別や年齢、居住地域などの属性や友達追加の経路までも確認することが出来ます。

また、LINE公式アカウントから送信したメッセージの開封数やクリックユーザー数なども確認できることから、ある一定の年代や性別に効果的なメッセージや開封率の高い地域なども分析ページから見つけることが出来ます。

このようにいくつかの仮説を持ちながらこの分析ページを用いてPDCAサイクルを回していくことで集客・PRに大きくつなげることが出来ます。

集客・PRのためにメッセージで出来ること

LINE公式アカウントでは、友達登録をしている方々に一斉にメッセージを送信できる機能があります。また、顧客の属性(性別、居住地、年齢、友達期間、OSなど)によって絞り込み配信を行う方法もあります。メルマガよりも圧倒的に開封率が高いため、どんなメッセージを誰に配信するかが集客・PRの鍵となります。

①メッセージ機能を使った定期的な情報の配信

これは、多くの企業がすでに行なっているかもしれませんが、顧客にとっては非常に重要なメッセージであるため、まだ行なっていない方はすぐに始めましょう。

下の画像はデリバリーサービスを行なっている「出前館」の事例です。これはツイッターで行なっているイベントをLINE公式アカウントのメッセージ機能を活用しています。このようにLINEと他のSNSを組み合わせて集客・PRすることも可能です。

出典:出前館

下の画像は高級ブランドである「イヴ・サンローラン・ボーテ」の事例です。このようにメッセージとそれに関連する画像を一緒に配信することでよりわかりやすくキャンペーン内容を訴求することが出来ます。

また、「WEB限定」「24時間限定」など購買を促進する言葉をメッセージの最初や画像のトップなど目立つ場所に配置することでより、顧客の注目を浴びやすくなります。

出典:イブ・サンローラン・ボーテ

②LINE限定クーポン機能を使った配信

LINE公式アカウントの機能として、独自のクーポンを発行する事が可能です。来店時に使用できるクーポンやオンラインストアで利用できるクーポンをLINE公式アカウントから配信することが出来ます。

配信されたクーポンはオフラインであれば、来店時に店舗のスタッフにクーポン画面を見せるだけで使用することが出来ます。オンラインの場合は、クーポンに記載されているクーポンコードをオンラインストアで入力することで使用することが出来ます。

カラオケまねきねこではクリスマスやお正月などの季節ごとに限定クーポンを配信しています。このクーポンでは、子供がいる家族を対象としており、配信された画像にも「ママたちに贈るクリスマスプレゼント」と記載されています。

このようにターゲットを絞りこむことでより顧客にあった内容のクーポンを配信することが出来ます。

 

集客・PRのためにその他の機能でできること

③タイムラインへの投稿

LINE公式アカウントでは集客・PRのためにメッセージ配信以外にも活用できる機能が多く存在します。その一つがタイムラインへの投稿です。

配信したメッセージは徐々に流れていってしまうのに対し、タイムラインへの投稿はLINE公式アカウントのメニュー画面からまとめて見ることが出来ます。そのため、タイムラインにクーポンやキャンペーン情報を投稿しておくことで顧客が後で必要になった際に素早く見つけることができるようになります。

また、タイムラインには投稿を見た人がスタンプやコメントなどを残すリアクション機能があるため、顧客が求めているキャンペーンや情報などを知ることが出来ます。

脱毛サロンのミュゼプラチナムでは、キャンペーン内容をわかりやすくまとめた画像とその説明をタイムラインに多数投稿しています。

ポイントとして、画像内に訴求ポイントを埋め込むことで一目でどんなキャンペーンかがわかるようにすることでより顧客の興味関心を一瞬で引きつける事ができるようになります。

出典:ミュゼプラチナム

④LINE公式アカウントのメニュー画面の編集機能

顧客がLINE公式アカウントを追加した際に最初に表示される画面がこのメニュー画面です。LINE公式アカウントにはこのメニュー画面に表示する項目その内容も企業に合わせたものにカスタマイズ出来る機能があります。

ネット証券会社であるLINE証券の事例では、この機能を活用して、メニュー画面の項目に口座開設、取引、銘柄検索などの項目を追加しています。

顧客が良く行う動作を全てLINE公式アカウントからできるようにすることで顧客の利便性が上がりさらなる集客につなげることが出来ます。

出典:LINE証券

まとめ

この記事では、特に店舗や企業のホームページなどへの集客、製品やサービスのPRを目的としたLINE公式アカウントの活用方法を様々な業界(飲食、娯楽、金融など)の事例を用いて紹介してきました。

メッセージの内容やタイムラインの内容を工夫するだけで集客やPRにつなげることが可能になります。

LINE公式アカウントは多様な機能を駆使することで企業と顧客との接点を作ることに非常に有効なツールとなりますのでぜひ参考にしてみてください。

Chatsellerでは、LINE公式アカウントの機能を組み合わせたチャットサービスの提案を行っています。「チャット」と「」を組み合わせることで、より使われる、より購入に繋がるサービスにする事が可能です。LINE公式アカウントを上手く活用してより良いサービス展開に役立ててください。無料でご相談も承っておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。

また、LINE公式アカウントでできること(CS編)、LINE公式アカウントでできること(業務効率化編)を紹介した記事もぜひ参考にしてください。

ChatSeller

ChatSellerはチャットマーケティングを主軸に御社のWebマーケティング支援します。

基礎知識カテゴリの最新記事