【2021最新】ECサイトのコンバージョン率を最適化するためのガイド(ユーザー体験について)

 

ECサイトを運営する際、顧客を魅了するサイト内コンテンツと優れた製品があれば、製品は売れるだろうと考える方も多くいらっしゃると思います。しかし実際には、ECサイトから製品を買ってもらうことはここまで簡単ではありません。 

業界や業種によって異なりますがinvesp社によると、ECサイト全体の平均コンバージョン率はたった2.86パーセントです。ECサイトに様々な工夫を凝らしてもなお、サイト訪問者の97%以上は購入に至っていません。コンバージョン率を少しでも向上させることが出来れば、企業の収益に大きく貢献することが出来ます。

ECサイトを最適化し、コンバージョン率向上させるためにできるポイントをこのメディアでは大きく下記の7つのカテゴリーに分類します。

 

ECサイトのコンバージョン率を最適化させるために重要なポイント

ユーザー体験

消費者の選択肢を増やす

顧客中心主義

信頼性

サポート

機能

プロモーション

 

上記の中でもこの記事では、「ユーザー体験」に関するポイントを3つ紹介させて頂きます。

すぐに実践できることも多くあるのでぜひ参考にしてください。

 

なぜECサイトのコンバージョン率向上に最適化が必要なのか?

なんの根拠もなくコンバージョン率を向上することだけがECサイト運営で目標となってはいませんか?ただコンバージョン率を上げることだけがECサイト運営の本当のゴールではありません。

ECサイト運営で本来目標とするべきことは自分のサイトのコンバージョン率と競合他社のコンバージョン率の比較から導き出した「最適化されたコンバージョン数値」です。

そのために、業界の平均を調査し、自身のWebサイトにおける独自のKPIの設定をしましょう。

また、ECサイトのコンバージョン率を改善し、適切な在庫の確保と運用フローを確立しておく事によって、リソース・在庫・スタッフに負担をかけることなく、顧客の急増などに対応できるという体制の強化の面も最適化された数値を目標設定することの大きなメリットと言えます。

そしてコンバージョン率を上げるためには、ターゲットとなる顧客がどんな内容に共感し、購入に至っているのかを知ることが重要です。

 

ECサイトにおけるユーザー体験とは?

ECサイトは日々様々な進化を遂げており、国内の競合サイトも増え続けておりそれぞれがより使いやすいサイトになるように工夫を凝らしています。

ECサイトを通して買い物をすることが消費者について当たり前になった昨今、「より良いUI/UXを通して買い物ができる」「欲しい物・必要な情報をすぐに見つけられる」など、サイト内で経験できる様々なことが「ユーザー体験」に繋がります。ユーザー体験はコンバージョン率の向上に大きな影響を与えます。

このカテゴリーでは、顧客のECサイト内の周回を明確にすることなど、顧客のユーザビリティを向上させるためのアイデアを紹介します。

 

①サイト訪問者のサイト内行動を適切にサポートすること

ここでは、まず、ECサイトのターゲット層を明確にすることから始めましょう。ターゲット層を明確にすることはユーザビリティ向上以外の戦略でも重要なポイントとなりますが、特にサイト内行動をサポートする際に役立ちます。サイト内行動のサポートは製品カテゴリー、検索フィルター、タグやプロモーションバナーを活用することで可能になります。

アパレルブランドGUのオンラインストアでも同様の工夫がされています。

GUでは様々な年代に対応した製品を扱っているため、サイト訪問者が求めている服を見つけやすいようにカテゴリー分けがされています。また、そのすぐ下の目立つところにはプロモーションバナーが設置されており、サイト訪問者の興味を引き付けるようになっています。

 

出典:GU公式ファッション通販サイト

 

②適切な情報を提供すること

今までECサイトで購入を検討した際に、細かいサイズや色、素材など知りたい情報が見つけられなかったことはありませんか? ネット通販をよくする方でしたらこの状況に陥ったことがある人は多くいると思います。

さらに、知りたい情報をすぐに見つけられなかった場合、製品の購入を断念する方がほとんどです。

情報不足でせっかくの顧客を逃してしまうことのないように、顧客が求めている製品の情報をきちんと提供することが重要です。そのためには、経験豊富なプロのコピーライターに製品説明を書いてもらうことが一番ですが、難しい場合は、製品について顧客が求めている情報を簡潔にわかりやすく説明することを心がけましょう。

 

③明確で役立つ製品説明を書くこと

製品の説明文は、ただ情報を羅列すれば良いわけではありません。顧客にとって明確で分かりやすい文章である必要があります。具体的には専門用語を使わないこと、短く単純な文章構成にすることなどが挙げられます。

自社製品の中でも高価格帯の製品やブランドイメージの高い製品はその製品だけのLPを作成することも明確な製品説明をするための一つの手段です。

オンライン販売ショップのGRLでは、製品説明はとても簡潔ですが、顧客が求める情報がきちんと提供されています。

出典:GRL公式

 

④CTAボタンを何度もテストすること

CTAとはCall To Action の略で「行動換起」と訳され、Webサイト訪問者を具体的な行動に誘導することを意味します。CTAボタンとは画像のようなボタンのことを指します。

CTAボタンの文章やデザイン一つでコンバージョン率が大きく変わってくるため、文章やデザインを変更して何度もテストすることが重要になります。

何度も何度もテストを行い、一番顧客からの反応が高いデザインを最終的なCTAボタンとして採用しましょう。

 

⑤購入プロセスを簡潔にすること

多様な製品があるECサイトの中から欲しい製品をカートに入れ、いざ購入をしようとした際、クレジットカードや住所の入力、クーポンの適用など購入完了までの流れが想像以上に長く複雑だったことはないでしょうか? 長くて複雑な購入プロセスは顧客が途中で購入を放棄してしまう理由の一つになり得ます。

自社のECサイトの購入プロセスが最適かどうかを確かめるためには、自分自身でサイトを通じて製品を購入することが必要になります。

その際にどのプロセスは不必要か、どこで時間がかかりそうか、購入までの各段階で発生する問題はありそうかなどを注意深く考えることが重要です。

また、顧客が間違ったものを購入しないように、購入完了までの間にカート内の製品を確認してもらうことが必要になります。その際には各製品ごとのイメージ写真選んだ色サイズ個数を示すようにしましょう。

 

⑥画像を有効活用すること

通常、ECサイト上には数多くの画像が使用されており、おそらくこの記事を読んでいる方々が運営するECサイトも同様であると思います。

しかし、これらの画像は顧客に役立つ方法で使用される必要があります。例えば、PCを販売する際、正面からの写真だけでは十分であるとは言えません。

ECサイトへの訪問者はそのPCにどんな種類のUSBポートがあるのか知るためのサイドからの写真や実物の色やキーボードを知るために後ろからそして真上からの画像を求めています。または、PCのサイズを知るための他の製品との比較画像を求めているかもしれません。

商品ごとに現在使用している画像が適切なものか、足りない画像はないかすぐに確認してみましょう。もし可能ならば、所属するチームメイトや顧客からの意見を集めることも有効です。

 

⑦UXデザインを磨くこと

ここまでで説明してきたこと(製品情報、購入プロセス、画像など)以外にもユーザーエクスペリエンス(UX)に影響を与えるWebサイトの要素は数多く存在します。

例えば商品を画像のように並べて表示させることやフィルターの種類位置の変更などは些細なことですが、大きくUXに影響を及ぼします。

重要な要素の一つとして充実した検索機能を持つことが挙げられます。顧客が検索をした際にすぐに検索結果が表示されるように準備をしておく必要があります。

これが出来ずにエラーメッセージなどが送信されてしまうと顧客がECサイトを離脱してしまう可能性が急増します。また、万が一顧客の検索条件に合う製品が見つからなかった場合、類似品が検索結果に表示されるようにすることも重要です。

さらに自社ECサイトの検索機能でどんな結果が生成されるかを確認することも重要です。例えば「完全一致」のみの結果を表示するのか「部分一致」の結果も同時に表示するのかです。「部分一致」など幅広く一致した結果を示すことは顧客にとって考えていなかったアイデアとなり、コンバージョン率向上につながることもあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ECサイトの平均コンバージョン率はBtoBのサービスサイトなど他の商材を販売するサイトと比較すると低い数値となっています。そのため、コンバージョン率を向上させるためには数多くの点に注意しなければいけません。UXデザインCTAボタンのテストなど、いますぐに実践できることも多くあります。その際はぜひこの記事を参考にしていただけると幸いです。

また、ECサイトのコンバージョン率を最適化させるために重要な他のポイント(選択肢、顧客中心主義、信頼性、サポート、機能性、プロモーション)について説明した記事もありますので是非参考にしてください。

ChatSeller

ChatSellerはチャットマーケティングを主軸に御社のWebマーケティング支援します。

ECカテゴリの最新記事