LINE公式アカウントのリッチメニュー活用方法を業界別に紹介!〜保険業界編〜

LINE公式アカウントの機能の一つにリッチメニューがあります。リッチメニューは、LINEのキーボード部分に表示されるメニューのことです。リッチメニューには主に2つの効果があります。自社HPや予約サイトに紐付ける顧客誘導と、顧客の利便性向上です。このメリットを活かすことができるのが保険業界です。保険商品は契約までにお客様とやりとりが多く発生することから、toC向けのコミュニケーションツールとしてLINEとの親和性が高く、保険業界では既にLINEリッチメニューを導入して顧客獲得につなげている企業がたくさんあります。

今回は保険業界に着目し、リッチメニューの活用事例を紹介します。

リッチメニューとは?

リッチメニューとは、LINE公式アカウントの一つの機能で、LINEのキーボード部分に固定表示されるメニューのことです。このリッチメニューを上手く活用することで、自社サイトに誘導したり、顧客の利便性を高めて満足度を上げたりすることができます。

 保険業界におけるリッチメニュー活用方法

今回は保険企業が実際に使っている事例をもとに、リッチメニューにどのようなボタンがあれば新規顧客獲得や契約者の満足度向上につながるのかをご紹介します。

その1 見積もり

新規顧客を獲得するためには、まずは見積もりで興味を持ってもらい、資料請求や相談に繋げることが大切です。

リッチメニューに「見積もり」ボタンを設置し、自社の見積もりサイトと紐付けることで顧客を自社サイトに誘導することができます。オリックス生命のように、ボタンを大きくしたり、「カンタン1分」のような言葉を入れることで顧客の目を引くことができます。

また、BOTを組むことで、LINE上で見積もりからご提案まで完結することができます。

見積もりの精度は自社サイトより劣ってしまうかもしれませんが、顧客に気軽に診断を受けてもらい興味を持ってもらうという点では効果的です。

その2 相談窓口

見積もりをした顧客により興味を持ってもらい契約に進めるには、気軽に相談予約できる環境を作ることが大切です。

「見積もり」と「相談」の両方をリッチメニューに入れることで、相談への流れを作ることができます。

相談窓口には対面/オンライン相談と、チャットオペレーターに相談の2種類があります。

対面/オンライン相談

リッチメニューの「相談予約」ボタンを設置し、自社予約サイトと紐付けることで顧客を予約サイトに誘導することができます。

チャットオペレーターに相談 

LINEのメッセージ上で保険相談を行うことも可能です。チャットオペレーターの配備が必要になりますが、顧客の質問や悩み事をすぐに解決することができるため顧客を逃してしまうのを防ぐことができます。

その3 LINEで事故受付

これまでは、新規顧客獲得に向けた機能を紹介しましたが、ここからは契約者の満足度向上に活用できるメニューを紹介します。その一つが事故受付です。

契約者は「事故受付」のボタンを選択するだけで、すぐに自社サイトに接続し、事故連絡をすることができます。

契約者は自分で受付先を調べる必要がないので、もしもの時に役立つ機能だといえます。

その4 証券管理

リッチメニューに「マイページ」ボタンを設置することで、契約者はすぐにマイページへ打移ることができます。またマイページに以外にも、ソニー損保カスタマーサポートの「LINEで満期の通知を受け取る」機能や、損保ジャパンのスマホで証券を管理できる「証券BOX」などがあります。

あまり日常的に見る機会がない商品だからこそ、契約者が見たい思った時にすぐ確認できるリッチメニューを設置しておくことは顧客満足度向上に繋がります。

まとめ

今回は保険業界に着目し、リッチメニューにどのような機能があれば新規顧客獲得に繋がるか、契約者の満足度向上に繋がるかを紹介しました。

保険業界の方も、そうでない方もリッチメニューを考える際に参考にしていただければ幸いです。このメディアでは、その他の業界のリッチメニュー活用方法も特集しています。併せてご覧ください。

LINE公式アカウントを使いこなすことで、新規顧客の獲得や企業や店舗の売り上げアップやブランディングに役立てることが可能です。顧客コミュニケーションツールとして有効的に利用することで潜在的な顧客のニーズや新しい商談のチャンスを作りだす事も可能です。

Chatsellerでは、「人」を中心にチャットを使って成約を最大化させる「チャットセールス」の実現を支援しています。

LINE公式アカウントを活用し、より良いサービスの提供に役立てましょう。

リッチメニューだけでなく、チャットを活用した運用もLINE公式アカウントの運用には最適です。下記の記事も参考にしてみてください。

ChatSeller

ChatSellerはチャットマーケティングを主軸に御社のWebマーケティング支援します。

保険カテゴリの最新記事