LINE公式アカウントのリッチメニュー活用方法を業界別に紹介!〜不動産業界編〜

LINE公式アカウントの機能の一つにリッチメニューがあります。リッチメニューは、LINEのキーボード部分に表示されるメニューのことです。リッチメニューには主に2つの効果があります。自社HPや予約サイトに紐付ける顧客誘導と、顧客の利便性向上です。

この効果をより活かすことが出来るのが不動産業界です。不動産物件は数が多い一方で、顧客の要望も様々です。契約獲得の為には、顧客の要望をしっかりと把握し、ニーズに合った物件情報を提供する必要があります。また不動産は専門知識が多く、顧客にとっては大きな買い物な為、適切なサポートを行なうことも必要です。このように不動産業界は顧客とのやり取りが多く発生することから、toC向けのコミュニケーションツールとしてLINEとの親和性が高く、既にLINEリッチメニューを導入して顧客獲得につなげている企業がたくさんあります。今回は不動産業界に着目し、リッチメニューの活用事例を紹介します。

リッチメニューとは?

リッチメニューとは、LINE公式カウントの一つの機能で、LINEのキーボード部分に固定表示されるメニューのことです。このリッチメニューを上手く活用することで、自社サイトに誘導したり、顧客の利便性を高めて満足度を上げたりすることができます。

不動産業界におけるリッチメニュー活用方法

不動産業界では、顧客のニーズに合った物件情報を発信し新規顧客の獲得に繋げたり、入居者のサポートを継続的に行い満足度を向上させている企業や団体が増えてきています。今回は不動産業界の企業が実際に使っている事例をもとに、リッチメニューにどのようなボタンがあれば顧客満足度向上につながるのかをご紹介します。

その1 物件検索

賃貸物件取り扱う場合に、顧客の要望は立地、部屋の大きさ、価格、ペット可否など様々です。契約獲得の為には、顧客の要望をしっかりと把握し、顧客の希望する条件に合った物件情報を提供する必要があります。

リッチメニューに「物件探し」ボタンを配置し、自社サイトのURLと紐付けることで自社サイトへスムーズに誘導することができます。エリアや条件でボタンを分けると、顧客自身で検索条件を設定する必要がないので利便性向上にも繋がります。

併せて利用することでより効果的なのがチャットでの情報配信です。顧客に希望条件を設定してもらい条件を元にしたセグメント毎に別れたユーザーに宛てて定期的に物件情報を配信することで、多くの物件を紹介でき掘り起こしの役割と情報のマッチ率を上げることができます。また、リッチメニューに「条件設定」ボタンを配置することで、顧客の要望が変わった時もすぐに条件を反映させることができます。一方で、メッセージ配信はタイミングや回数を戦略的に設定していかないと顧客に悪いイメージを与えかねません。配信の頻度には注意しましょう。

その2 見学予約

もちろん、契約に繋げる為にはインターネット上のやり取りだけでなく対面式のコミュニケーションも重要です。実際に店舗やモデルハウスに足を運んでもらうことで、顧客と密なコミュニケーションを取ることができます。リッチメニューに「モデルハウス見学予約」や「来店予約」ボタンを設置し、自社予約サイトと紐付けることで顧客を予約サイトに誘導することができます。また、BOTを組むことでLINE上で予約を受け付けることも可能です。複雑な来店予約は顧客の負担になっている可能性があります。LINEを活用することで顧客は気軽に予約することができ、来店数の向上に繋げることができます。

その3  チャット相談

不動産は頻繁に契約するものではなく、顧客にとっては大きな買い物です。慣れない専門知識も多い為、初めての人には分からないことが多いでしょう。リッチメニューに「チャットで相談」ボタンを設置することでLINE上で顧客の質問を受け付けることができます。チャットオペレーターの配備が必要になりますが、顧客の質問や悩み事をすぐに解決することができるため顧客を逃してしまうのを防ぐことができます。

また不動産は一度契約したら終わりではなく、継続的なサポートが必要な商材です。入居者向けの相談窓口を設置することで顧客の満足度向上に繋がります。

その4 タブの活用

不動産関連のLINE公式アカウント上で顧客に提供できる機能は上記に挙げた以外にも沢山あります。不動産の顧客には大きく「検討者」と「入居者」の2種類がいます。それぞれの顧客の属性によって提供するサービスや発信すべき情報が異なる為、リッチメニューの「タブ分け」を活用し、顧客にとって見やすいリッチメニューを作っている企業や団体が不動産業界には多く見られます。「タブ分け」によって、リッチメニューの切り替えができ、より多くのボタンを設置することも目的です。例えば、顧客を性別、地域別、機能別などに分け切り替え可能なリッチメニューをタブを使って設置することでより多くの人に沢山の機能を提供することができます。タブは色分けすることでより分かりやすいリッチメニューになります。

まとめ

今回は不動産業界に着目し、リッチメニューにどのような機能があれば契約獲得、顧客満足度向上に繋がるかを紹介しました。

不動産業界の方も、そうでない方もリッチメニューを考える際に参考にしていただければ幸いです。このメディアでは、その他の業界のリッチメニュー活用方法も特集しています。併せてご覧ください♪

Chatsellerではリッチメニューの他、LINE公式アカウントの機能を組み合わせたチャットサービスの提案を行っています。「チャット」と「人」を組み合わせることで、より使われる、より購入に繋がるサービスにする事が可能です。LINE公式アカウントを上手く活用してより良いサービス展開に役立ててください。

ChatSeller

ChatSellerはチャットマーケティングを主軸に御社のWebマーケティング支援します。

不動産カテゴリの最新記事